FC2ブログ

名もなき黒猫の散歩道

MENU

岩の世界へ -3. 岩渓そして欲望

こんにちは黒猫です。前回、セドナより出発した一行が次に向かったのは・・・


P8140368.jpg


グランドキャニオン!言わずと知れた超名所です。

もちろん今回も前回同様、日本人である私たちは朝日を見に行きました!



P8140404.jpg P8140412.jpg 


マーサポイント、という場所です。
朝日も、朝日に染まる岩肌も、本当に言葉を絶する美しさでした。


・・・でもこんなきれいな写真ばっかりでは面白くないので。笑

こんなきれいな朝日の写真を撮るとき、周りはどうだったのか?というと・・・



P8140392_顔つぶし 

と、こんな感じでとっても群がっていました 笑

ちなみにこれ、8割以上日本人です!

アメリカとは思えないくらい日本語が飛び交っていました 笑

セドナの朝日を撮ったときも、周りは日本人ばかりだったので、外国の方は、あんまり朝日に何も感じないのかも知れませんね。私たちからしたら不思議ですけれども。逆になぜ日本人は朝日が好きなんでしょうね。太陽に対する崇拝?


昼になってもグランドキャニオンは相変わらず迫力満点で、日本にはない風景が広がっていて、本当に同じ地球なのか、と思うほどでした。


P8140448.jpg 

近くで山火事があったようで、全体的にモヤがかかっていたのが少し残念ではありましたが。。

色々と見た中で印象に残っているのは、デザートビューポイントのこんな建物です。



P8140491.jpg 

これはウオッチタワーという建物で、先住民族ナバホ族の見張り塔を再現したもののようです。ここは中に入ることができて、



P8140464.jpg P8140488.jpg 

中には、こんな感じでインディアンの書いた(?)絵がたくさん残されています。


この最上階からはグランドキャニオンを見下ろすことができて、他にはない景観でした。
(他よりも高い場所から見下ろすことができるため)




と、こんな感じで グランドキャニオンを昼過ぎに去り、最後の街へ車を走らせました。



P8140528.jpg 

家ごとお引っ越し中のトラックの隣を通り過ぎてたどり着いた先は・・・!


P8140541.jpg 







今までの大自然から一気に反対方向へ振り切ったような場所へ到達しました 笑

昼なので、まだまだこの写真では雰囲気がありませんが、


P8140556.jpg 


ストーンクラブという蟹を食べつつ日が暮れるのを待ってみれば、
(ちなみにこのストーンクラブの漁では、手をもぎ取って本体は海に返してやることで、もう一度手を生えさせるらしいです。なんとえげつない。。。笑)


P8140603.jpg 

P8140593.jpg 

完全に夜の街ですね!でも、本当に電飾が綺麗で、電光掲示板もハイテクで、さすがはラスベガス、という感じでした(小並感)。


この後はシルクドソレイユを見に行きました。行った先の劇場は小さい方だったようで、観客と受け答えがあり、何人かは本当にステージに上げてもらって参加する、という形態を取っていました(普通は参加型ではないようです)。内容もまぁまぁ大人なな感じで(笑)、しかし下品だというわけではなく、初めてのシルクドソレイユでしたが、こういうエンターテイメントの形もあるのだな、と思いました。



というわけで長かった旅もこんな感じで幕を閉じました。この5日間は、本当に貴重な経験となりました。誘って頂いて連れて行ってくださった方々には、本当に頭が上がりません。本当にありがとうございました。この場を借りて御礼を述べさせて頂きます。


 

それでは、最後まで読んで下さりありがとうございました!
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://namelessblackcat.blog61.fc2.com/tb.php/283-e159c7ff
該当の記事は見つかりませんでした。