FC2ブログ

名もなき黒猫の散歩道

MENU

岩の世界へ -1. 岩波

こんにちは、黒猫です。8月はアメリカではバケーションの季節なこともあって、実は先週旅行へ行ってきました!金曜日夜にサンノゼ付近の知人の家に泊めさせてもらって、午前3時より出発しました。途中、


P8110021.jpg イヴァンパー・ソーラー・エレクトリック・ジェネレーティング・システムを通り過ぎ、

P8110025.jpg ラスベガスのトランプタワーを通り過ぎ、

P8110032.jpg 岩山を縫いくぐって着いたのは、

P8110041.jpg 大荒野!日本ではあり得ない地形と地平線の長さに、ただただ圧倒されるばかりでした。
ここまで12時間以上運転し(運転手の方々、本当にお疲れ様でした、ありがとうございました)、この日はこの近くのPageという街で宿泊。

そして翌日!

P8120067.jpg アンテロープキャニオン
今回の旅行の1つ目のポイントを楽しみました。
アンテロープは、upperとlowerと2種類のスポットがあり、
今回はupperへ向かいました。

アンテロープの入場には予約が必須なのですが、かなり人気が高く、前もって予約しないといけません。
今回はほぼ1週間前に、知人が予約することに偶然成功し、なんとか行けることになって良かったと、楽しみにしていました。
ところが!
なんと出発2, 3日前になって、「この予約はキャンセルにして欲しい」というありえないメールが届き、一気にどん底へ落とされたわけです。
ところが!笑
出発前日に黒猫が、別のupperツアーに空きができていることを偶然発見し、なんとか再び行けることになりました。前日に予約を取れるなんて普通はありえなくて、本当に人生の全ての運を使った気分でした 笑

そんな山あり谷あり山ありの経緯があって行ったupperのアンテロープでしたが、もう、絵の中にいるような気分でした。
P8120087.jpg P8120098.jpg P8120116.jpg P8120132.jpg 
2枚目の写真では、木の棒が引っかかっていたり泥が上の方に付いていたりしますが、これは、大雨が降った後におきる鉄砲水が、このアンテロープを流れるため、その時に流れてきた木の棒や泥が残っているのだそうです。いや、いま鉄砲水来たら死ぬやん、とは思いつつも、圧倒的な景観を楽しんでいました 笑

その後、

P8120158.jpg
グレンキャニオンダム周辺と、

P8120172.jpg ホースシューベンドを見に行きました。
アンテロープはおそらく一番良い時間よりは朝よりだったのですが、そのおかげでこのホースシューは一番良い時間に着くことができて、かなり満足でした。

その後少し走って、

P8120188.jpg ミティア・クレーター(バリンジャー・クレーター)というクレーターを見に行きました。
直径1.2 km 深さ200 mという大型のクレーターで、wikipediaによると、宇宙からの飛来物の衝突によって形成されたことが証明された地形は、このクレーターが初めてらしいです(つまり世界で初めて認められたクレーター)。ちなみに、隕石は鉄製で50 mくらいの大きさで、約5万年前に40,000 km/h 以上の速さで落下し、衝突時に半径3-4 km圏内の生物は即死したようです。なんと恐ろしい。。

そんな感じで各所巡りつつ次の街へ夜に到着し、一行は第2のポイントにたどり着きました。

というわけで次回へ続きます!ここまで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://namelessblackcat.blog61.fc2.com/tb.php/279-ae8bda99
該当の記事は見つかりませんでした。