FC2ブログ

名もなき黒猫の散歩道

MENU

あの日聴いた音をもう一度

こんにちは、黒猫です。実はこの8月から、こちらのマンドリンオケの市民団体に所属して、大学卒業以来久しぶりに合奏に参加していました。


20人程度の小さい団体で、本番まで10回くらいしか練習がありませんでしたが、回を重ねる度に少しずつ良くなっていく感じや、みんなで音楽を創り上げていく過程に、とても懐かしさを感じる日々でした。もちろんすべて英語での指示で、音をドレミ...表記ではなくCDE...表記で話すことや、イタリア人指揮者の訛った数字を聞き取るのに初めはとても苦労しましたが(何小節目のことを言っているのかわからなかった)、慣れてくると冗談も聞き取れるようになってきて、とても楽しいひとときでした。

そして先日、ちょうど演奏会を終えてきました。
日本では演奏会というと、ホールを貸し切って行うのが普通だと思いますが、こちらではホールの代わりに教会を借りて行うことが多く、日本では味わえない経験をしました。演奏会自体も、大学の頃のように本番一発勝負ではなく、3つの都市で行う形式だったので、最後の方は緊張するというよりも、演奏会そのものを楽しむことができました。

IMG_7979.jpg 1日目。真ん中の輪にマンドリン演奏者が入って、演奏します(私はギターなので輪の外でした 笑)

IMG_7987.jpg2日目。色々な絵が飾ってある、集会所のようなところでした。 

IMG_7991.jpg 3日目。ここが一番立派な教会でした。装飾がとても綺麗で、聖壇に上がって演奏するという貴重な機会も得られて、すばらしかったです。


演奏曲目は有名曲が多めで、ベートーベン・バッハ・ヴィヴァルディと古典的なものに、現代的なサティを取り入れるという面白い編成でした。個人的には、大学時代についぞ叶わなかったバッハの合奏曲をここで演奏することができ、それだけでもこの団体に入った甲斐がありました。演奏そのものは、大学の頃と比べると、粗削り感が否めはしませんでしたが(大学の頃は毎週3回、ほぼ一年間ずっと合奏練習がありましたしね)、逆にどこか人間味のある演奏で、弾いている分にはとても楽しかったです。聴いていた方も楽しまれたことを祈っております 笑


今回この団体に入ろうと思ったのは、とある日本人の方が渡米してきてすぐに吹奏楽団にパーカッションで賛助する姿に勇気をもらったことと、この団体に以前から入られていた日本人の方が私を気前よく誘ってくれたことがあったからです。団体に入ってからは、同じギターパートの方には、上手く喋れはしなかったけれども仲良くして頂き、本番前には良い音の鳴るギターまで貸して頂けて、本当に至れり尽くせりでした。この団体にいた日本人の方には毎回練習会場まで送って頂き、さらには一緒にブルーグラスバーまで連れて行って頂いて、感謝の言葉しかありません。演奏会への参加は、今回が最初で最後でしたが、こちらで知り合った本当に多くの方に観に来て頂いて、今回のことだけをすべて思い返しても、本当に人の縁に恵まれた留学生活だったと感じました。これからも、人の縁を大事に、いただいたものは私の中で昇華して誰かを幸せにできるように、日々生きていこうと感じました。

以上、長くなりましたが私のための備忘録でした。読んで頂きありがとうございました!


スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。