名もなき黒猫の散歩道

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

LOVE 

こんばんは、黒猫です。

先日、サークルで「追いコン」がありました。
いわゆる4回生を送るための企画で、
「追い出しコンサート」と「追い出しコンパ」より成り立ちます。

下回生が色々演奏してくれて、それを聞いて楽しむという感じです。

今年は例年にない「オープニング」があって、
まさかのみんな仮装での演奏でした。
後輩がナースとカントリー娘と仮面の人(全員です)やってました。ナース似合ってて良かったです 笑゛

そんなことから始まっての演奏会。
みんな上手かった。特に1回生。ホント上手くなったなぁと思った。
久しぶりにマンドリンを聞いて懐かしかった。
サークルにいた時はヴァイオリンに比べてマンドリンは劣ると思っていましたが(笑)、
今聞いたらやっぱりマンドリンもイイ楽器だなぁと感じました。

ギター1回生がみんなソロ曲を弾いてくれて嬉しかったです。
結構無茶ぶりだったかなぁと思っていたけど、みんなイイ音を出してくれていて今後が楽しみになりました。
ギター3回生にヴァイオリンを弾かせるという無茶振りもやってくれて嬉しかったです 笑゛
やっぱりヴァイオリンは良いなぁ 笑゛


あと一番びっくりしたのがアンジェラアキ“This Love”のカバー合奏

サークルにいた時に「アンジェラアキ同好会」的なものを作って「ミスチル同好会」的なものに対抗していたのですが(笑)、ぜんぜん勝てなくて、
唯一同じアンジェラアキファンの下回生とひっそりとCD交換したりしてたんです。

そんな彼がなんと頑張って人を集めて合奏してくれたんです!
譜面も頑張って作ってもらって!

団体名が「黒縁眼鏡」みたいな名前で、うちの来年の指揮者が黒縁メガネなので、
「あー、どーせそういう感じかな??」
みたいに思ってたのですが。
よく見てると伊達メガネを配る例の彼の姿。

これを見て昔、千里中央でのアンジェラアキの「メガネっ子ライブ」みたいなイベントで、
MCが同じように伊達メガネかけてたのを思い出して、
「えー、でもまさかなー、アンジェラアキで人集まらんやろ・・・。」
とかちょっと自虐的に思ってたら
まさかの!でした。

ホント嬉しかったです。
曲の紹介文で僕の名前も入れてもらって。
ホント愛を感じました。ちょっとウルッときてました 笑゛
ありがとう、ホントに。

この4年間、
「先輩も後輩もどちらとも真っすぐ向き合っていきたい」
とかひそかに思っていたのですが、
後輩にはそれが少しはできていたのかなぁとか感じて、ちょっと嬉しくなりました。


そんな感傷に浸りつつももう年末ですね!
今、年賀状刷りましたよ!
さー、あとは宛名・・・。

クリスマスもお互いバイトだったし、研究室忙しいし、なんか年末って感じが全然しないです 笑゛


でも頑張ります!
ではではまた!!
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

引退。 

皆さん本当にお久しぶりです。
黒猫です。

先日サークル(マンドリンオーケストラ)の定期演奏会があり、それをもってサークルを引退しました。

4回生として最上学年だった今年、うちのギターパートは大荒れしました。
一番偉いパートトップが突然辞めてしまったからです。

そこからパート外からの怒りを買い、パート内の雰囲気も悪くなり、下回生からも心配されました。
はっきり言って今年の4回生は最低だったと思います。ギターもみんな下手だし。
本当にそれは謝りたい。
サークル活動も、僕自身合奏練習に参加するのが関の山で全然練習できず、
なんで俺なんかがこんなところに居るんやろ、さっさと消えてしまえばいいのに、と今年何回思ったことか。

でも、どうしても辞めれなくて、結局そのまま引退しました。
なんで辞めれなかったのか。
今から思うと多分ギターが好きだからではなかった気がします。
ギターなんてソロ曲弾いていても楽しいですし。
最近サークルに行かなくなって、最後まで後輩を見届けたかったからなのかなぁと思います。

今年うちのギターパートは11人というとても少ない人数でした。
参考までに言うと、僕が1回生の時には25人いました。6割減です。
今年の4・5月、仮でトップをしていた時、新入生が3人しか入らなくて本当にどうしようかと思いました。
例年脱落者がいることを考えると、これは本当にやばいんじゃないかと。

そうして始まった6月以降からの新メンバーでの合奏練習。
後ろから音が飛んで来ない不安。
トップを引き継いでから、下回生に交じって弾く時に周りから音が聞こえない不安。
自分がミスをすると指揮者から注意が飛ばされる不安。

本当に始めは不安だらけでした。

でも、夏くらいからだんだんみんな頭角を示し始めました。
特に1回生が本当に練習してくれて、難易度が高くて弾けるわけのない曲が多かったものの、果敢にチャレンジしてくれていた印象があります。
本当にうれしかった。
本当に入ってくれてありがとうと言いたい。

そうしてこの頃から、パートでいるのがより楽しくなってきました。
本当に合奏以外で集まってもみんな個性的で、本当に楽しい時間をもたらせてくれました。
人数少なかったのもあるかとは思いますが、今年のパートで唯一今までの各年代ギターパートに勝るとすれば、それは団結力だったんじゃないかと思っています。
本当にみんなが仲良くなってくれてよかった。
雰囲気も本当によくなりました。
本当にみんなにありがとうと言いたい。

そうして迎えた定期演奏会。
出来は弾いている側からは全然わからないけど、個人的には本当に良かったと思います。
弾いていて楽しかったです。

これで最後だったのかと思うと切ないですね。

1回生の時、「音を楽しむ」ために入ったサークルが、
いつしか「音で楽しませよう」と思い、
「楽しさを音にしよう」と思いました。
音楽について価値観が変わったのは、このサークルに入ってよかったなと思う点です。

これからもギターは細々と続けたいです。

そして来年からの下回生による定期演奏会!
本当に初の聞く側なので本当に楽しみにしています。


以上、忘備録を踏まえた日記でした。
乱文失礼しましたー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。