名もなき黒猫の散歩道

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

彼氏ができました 

映画館でコナン(多分ベイカーストリートの亡霊)を見終わった自分がいました。
で、その映画館から出ようと階段を下りていきます。

多分1階に降りました。
ふと前を見たら階段があるんですね。
しかも煉瓦造りの。

あれ、来る時こんなのあったっけ?と思いながらそれを下りていきます。


そしたら広場に出ました。
壁も床も煉瓦、松明が灯してあって、広場の真ん中には丸い池がありました。


ここは何なんだろー、ってボーっと立ってたら、後ろから革靴で走ってくる音が。


誰だろー、って振り返ったらスーツでバッチリ決めた40歳くらいの男性が走ってきてました。
多分、顔は麻生元総理が一番近いと思います。


まぁ全力疾走してきたんですよ。




小刀持って。




え、って思った時には刺されてました。
刺されてグリグリえぐられました。


倒れます。男は去っていきます。


携帯を取り出しました。
電波は届いてるようです。

電話をかけようとしました。119に。
なのに117、177、199と正確に打てません。


で、やっと11と押して9のところに指が来たところで突然着信しました。


相手は地元のバイト先の事務員さん。
仕事の話じゃなくて自分の最近について唐突に語り出します。

「助けて」と言おうとする自分。
でも腹筋がやられたせいか声が出ないんですね。

相手はこっちの異変なんて気にせず弾丸トークし続けています。



意識も薄らいで…。





あ、終わったな…。







…と意識がなくなったところで目が覚めました。

家のなかに異常はなし。

ミツバチがカーテンの裏でブンブン飛んでたこと以外は。



なんの夢だったんだろ…。
狙われてる…??



p.s. タイトルが気になる方は追記にて~~


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

贅沢 

実家に帰ってきました。

17時頃でしょうか。
帰って来たついでに晩御飯を買いに行きました。

そんなわけで近所のスーパーへ。


「好きなものを買っていいよ。」

との母親の声。

で、下宿したら食べられないお刺身を食べようと鮮魚売り場へ。

そこでブリの切り身を発見。
まぁ、そこら辺にある大きさの切り身です。
「半額」と値札も貼ってあります。

「あ、これにするわ。」
と僕。
「あんたイイの見つけるなぁ。」
と母。

え、ともう一回値札を見ます。
“ブリ<養殖>長崎産”

うん、そんなに良いもんじゃないと思う。

でもその下に・・・







“13万8990円”の文字www

「え、これ買っていいの?(^^;)」
との僕の問いに
「いいよ、お金あるから。」

との母の声www

どんだけお金持ってるんだwww



で、それを買って家に帰り。
ブリを切り。
食器を出し。
ご飯をよそい。
しょう油とワサビを出し。
席に座り。

いただきます。












としたところで目が覚めましたwww



朝起きてひとこと。




夢でいいから食べたかった・・・orz


TSUTAYAの罠 

昨日は眠くて更新できませんでした・・・。

まぁ昨日は平穏無事に終わりすぎたので書くこともあまりなかったのですが。。。


強いて言うならばTSUTAYAではめられました。


昨日、バイトの帰りにTSUTAYAに寄ったんです。

で、Eric Claptonを借りようと思ったわけですよ。

で、彼の棚に見たこと無いアルバムがあったんでそれを借りたわけです。


そしたら・・・。



Eric Claptonじゃありませんでしたwww





ホントやられた~~~

まぁ確認しなかった自分が一番悪いんですがw


僕に間違えられたのはElectric Light Orchestra(ELO)っていうバンドでした。
聞いてみたらなかなかイイ感じだったので良かったです。

これを人は運命の出会いというww


最近、洋楽を聴こうと思いたちました。

今までもThe BeatlesとかThe CarpentersとかABBAとかEric Claptonとかも聞いてたんですけど、そろそろ幅を広げようかと思いまして。。


ちなみに僕は「綺麗めの曲」が好きです。
ハードロックとかのガンガン系は苦手ですw


何かオススメとかありますか~?

あったら是非是非教えてください♪


あ、そういえば今朝方夢を見ました。
それについては追記で・・・。



-- 続きを読む --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。