名もなき黒猫の散歩道

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

新しい言葉を使うこと 

こんにちは、黒猫です。

実はちょっと前からプログラミングを遊びで始めてみました。
まだはじめて1ヶ月くらいしか経っていませんので、
少しずつ勉強している感じです。

その勉強の一環として、
「パソコンとじゃんけんするプログラムを組んでみたら?」
と言われたので、それにこの1ヶ月挑戦していました。

何とか、じゃんけんをパソコンとできるようになったのですが、
これを作っている間、「じゃんけん」というものは何かとても考えた気がします。
グーを出した相手に対して、グーならあいこ、チョキなら負け、パーなら勝ち。
これは簡単なのですが、いざパソコンにこのルールを分からせるにはどうすればよいのか。

もちろん、自分相手を別にしたグーチョキパーの全部の組み合わせ(3*3 = 9通り)を書いて、
それぞれの勝敗をパソコンに分からせても良いのですが、
それではプログラムを書く量がどうしても長くなってしまう。
結局、グーチョキパーを数字(-1, 0, 1)にして、計算の結果で勝敗(or あいこ)を理解させることにしました。
久しぶりに算数を考えました 笑

英語やドイツ語を前向きに初めて学んだ時にも感じたことですが、
(前向きに、というのは中学の頃、黒猫は英語が嫌いだったためです 笑)
日本語ではない言語は、外国人が物事を日本人と異なるように理解していることを見せつけてきます。

例えば英語なら、普通の疑問文でも否定疑問文でも、“Yes”と答えると「自分(主語)が」肯定的であることを示しますし、
(日本語で“はい”と答えると「相手に」肯定的であることを示しますよね)
ドイツ語の時は物に性別があることに衝撃を受けました。
(すいません、ドイツ語は1年しかやってないのでこれくらいしか分かりません 笑)

プログラミング言語もまた、パソコンが物事をどうとらえるのかを、私に非常にアピールしてきます。
やはりプログラミング言語もある意味、「言語」なのだなと思いました。
感じるものは文化ではなく、数学ではありますが 笑


プログラミングの目標は、
自分の研究の中で動画解析などに使っていきたいと思っているのですが、
それはかなり夢だと思っていますので、
とりあえず今は簡単なゲームやアプリケーションを作っていきたいと思っています。
何か私に次のテーマを与えてやってください 笑


それではこのあたりで!
スポンサーサイト

基礎と臨床との間に 

もう前回投稿して1年以上たってしまいました。
黒猫です。
お久しぶりです、といっても誰も見ていないと思いますが。。

アメリカに行っていたと前回の記事では書いていました。
その後の4月からこの前の2月まで、
私は薬剤師になるべく実務実習というものに参加しておりました。
簡単に言うと、薬剤師の卵として病院や薬局で薬剤師の業務を体験する、というものです。

現在の規則では、薬学部のうち6年間の教育を行うコースの学生のみが、薬剤師になる権利を得る可能性があります。
一方私は4年間の教育を行う薬学部に所属しておりました。
なので通常私が薬剤師になる権利はありません。
このあたりには少しトリックがあって、
2017年入学の4年教育の薬学部生までは、博士課程に進学して、
必要単位や実習などをこなすことで、薬剤師になる権利を得ることができることになっています。
私はそれを使って薬剤師になろうとしたわけです。
(ちなみに6年制コースの学生が薬剤師になれる権利が得られる一方で、
4年制コースの学生は教員免許を取得する権利が得られます)


5月から7月までは某病院で、9月から11月までは某薬局で実習させていただきました。
上に書いたとおり、私が実習を受けられるのは博士になってからですので、
当然周りよりも3歳くらい年上になります。
本当に、みんな、若かった。
体力的に劣った、とはあまり思わなかったのですが、
笑いの沸点が低いというか、
おもしろいことを見つけるのがうまいというか、
本当に、自分の心の老け具合を思い知らされました。。
輝いて生きるってああいうのを言うんですね。。

病院の方は人数も多くて、
本当にみんなでわいわい楽しむことができました。
同じ大学からも何人か参加するわけで、
そんな同大学の後輩とも仲良くなれて、個人的にはとても嬉しかったです。
今でもたまに挨拶できるし。

薬局の方は、
どういうわけか2留した学生が2人もいて(理由は様々ですが)、
私はなぜか最年長ではなかったのが、とても意外でした。
しかしその分、親しみもあったし、安心感もありました。
他の年下の学生も明るくて、楽しかったです。

病院も薬局も薬剤師さんの本当に丁寧な指導で、
臨床現場ではどういう姿勢や知識が求められるのか、
臨床現場で今何が不足しているのか、
よく理解させていただきました。

今日のタイトルに基礎と臨床、という言葉を書きました。
基礎とは、山中伸弥先生のiPS細胞のような、試験管を使う実験で起こる事象、
臨床とは、病院など医療現場で起こる事象のことを示します。
両者には本当に大きな隔たりがあると、薬学的な立場から見て私はそう思います。
特に薬剤師は臨床試験を実施しにくい状況にあるため、
どうしても薬学部は基礎的な立場を取りがちになっているように感じます。
(もしかしたら私の周りだけかもしれませんが)
基礎は基礎でとても大事です。
未解明な事象を追うことは美しいことです。
しかし、さらに臨床で役に立つような内容であれば、もっと素敵になる気がします。
そんなことを思っていたので、今回臨床現場を実際に見ることができたのは、
非常に楽しく、興味深く、貴重な経験を得ることができたと思っています。

そんなこんなで11月に実習が終わり、
12月から怒濤の薬剤師国家試験に向けての勉強を開始し、
なんとか今年2月に国家試験を受験して無事合格した次第です。
薬ゼミ、ありがとう。本当にありがとう。
青本と講義がなかったら確実に落ちていました。。
今年の国家試験は簡単だったのも幸いでした。。

と、そんなかんじで久しぶりに研究の毎日。
何となくまだ本調子ではないけれども、
そろそろ色々と取り戻していきます。
もうあと2年しか学生生活も残されていないので、
悔いの残らないように研究をしたいと思います。


さーて、なーに けんきゅー しよっかなー


・・・頑張ろっと。。

びっくり。。 

黒猫です。
今日の授業にて思ったことがありました。


日本のGDPって、今世界何位くらいがご存じですか?

ちなみに僕が小学生で習った時は世界3位でした。







正解発表。

今は20位くらい。
ノート提出で今手元に資料がないので正確な数字は分からないですが。。

12年くらい経ってはいますが。
でもたったそれだけの年月でなんでこれだけ下がる。

日本は新規開発能力に欠けるとか、
価格競争においては不利とか、
色々な要因があるらしいですが。



悔しかった。
本当に。
なんでやねん、って思った。



四季の美しい顔を持つ日本。
独自の誇らしい文化を持つ日本。



何とかなって欲しいな。




ではなく。




何とかしていきたい。

何とか、どこか一つの分野しか無理だろうけど、
引っ張れるものなら引っ張っていきたい。









日本を世界へ。
-- 続きを読む --

学会。。 

黒猫です。

今日は学会に生まれて初めて行って参りました。

偶然ながら京都で日本全体の大きな学会が行われるということで、
なんと発表までしてきました!

ポスターだったのでたった3分でしかなかったですが。。。

いやー、緊張しました。
本当に。

・・・というのはあまり本当ではなく 笑゛

実はその後に質疑応答があるのですが、
これが1時間くらい続くんですね。はい。

これが大変でした。
なにせ専門外の話まで聞いてくるので、
(ちょうど午後からの発表だったのですが、午前中に似た内容のシンポジウムがあったようです)
全然答えが見つからなくて。。。

理系の人ならわかりますかね、
僕はin vitro系の実験をやってるのですが質問内容がほとんどin vivoだったわけです 笑゛

(わからない方へ参考までに。in vitroとは「試験管内」、つまり動物ではなく細胞を使った実験、in vivoとは「生体内」、つまり実際に動物を使った実験のことです。ホントはこれも少し間違ってるんですが、僕たちのいる学問領域ではこれで通じます)


でも色々気付きました。

この一年、どれだけ勉強していなかったか。
もっと論文読んでいればもっとはっきり答えられただろうにと。
いかに視野が狭くなっていたかを思い知らされました。
まぁ確かに実験技術が難しいものをやっているので、その練習時間がとてもかかっているのはありますが。。

来年からは後輩もできることですし、もっと論文読まないとなぁと思います。

やっぱり知識は力になると思うので。

いつかやりたい実験内容もすこし頭にあるので、もっと理論詰めして今年中にできたら動かしたいなぁという野望もありますし 笑゛


あーガンバろっと。

謹賀新年 

無題

あけましておめでとうございます!
旧年中はお世話になりました。
今年も皆様にとって善き年でありますようお祈りいたします。

旧年は本当に更新が途絶えて、本当に自分にとって嫌な感じでした。。
記録をつけとくのは記憶を残すのに大切なのに、今年の想い出がぁあ!!!!!
・・・って感じでした。

特にサークルですね。
香川旅行、ハローウィンパーティー、清水旅行。

うーん、まぁ仕方ないかなぁ。

写真をたくさん残して文字の代わりにしておきます 笑゛


去年の抱負は「後悔をしないように楽しむ!」でした。

いや、めっちゃ楽しかったよ!?!?

ホント去年絡んでくれた皆さま、本当にありがとうございました!と言いたいくらいです。
後悔するところも今すぐには思いつかないですし。
ホント一年間わがままさせていただいた気がします。
皆さん本当にありがとう。


さて今年ですね。
今年からはもう研究室一本になります。
バイトはありますが。
なので
「貪欲に喰らいつく」
を今年の抱負にしていこうかなぁと思います。

サークルに精を出してたために研究のための勉強をほとんどしていないのが現状なので。
これから今までの分を巻き返すように。
頑張りたいと思います!


というわけで。


皆さま今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

引退。 

皆さん本当にお久しぶりです。
黒猫です。

先日サークル(マンドリンオーケストラ)の定期演奏会があり、それをもってサークルを引退しました。

4回生として最上学年だった今年、うちのギターパートは大荒れしました。
一番偉いパートトップが突然辞めてしまったからです。

そこからパート外からの怒りを買い、パート内の雰囲気も悪くなり、下回生からも心配されました。
はっきり言って今年の4回生は最低だったと思います。ギターもみんな下手だし。
本当にそれは謝りたい。
サークル活動も、僕自身合奏練習に参加するのが関の山で全然練習できず、
なんで俺なんかがこんなところに居るんやろ、さっさと消えてしまえばいいのに、と今年何回思ったことか。

でも、どうしても辞めれなくて、結局そのまま引退しました。
なんで辞めれなかったのか。
今から思うと多分ギターが好きだからではなかった気がします。
ギターなんてソロ曲弾いていても楽しいですし。
最近サークルに行かなくなって、最後まで後輩を見届けたかったからなのかなぁと思います。

今年うちのギターパートは11人というとても少ない人数でした。
参考までに言うと、僕が1回生の時には25人いました。6割減です。
今年の4・5月、仮でトップをしていた時、新入生が3人しか入らなくて本当にどうしようかと思いました。
例年脱落者がいることを考えると、これは本当にやばいんじゃないかと。

そうして始まった6月以降からの新メンバーでの合奏練習。
後ろから音が飛んで来ない不安。
トップを引き継いでから、下回生に交じって弾く時に周りから音が聞こえない不安。
自分がミスをすると指揮者から注意が飛ばされる不安。

本当に始めは不安だらけでした。

でも、夏くらいからだんだんみんな頭角を示し始めました。
特に1回生が本当に練習してくれて、難易度が高くて弾けるわけのない曲が多かったものの、果敢にチャレンジしてくれていた印象があります。
本当にうれしかった。
本当に入ってくれてありがとうと言いたい。

そうしてこの頃から、パートでいるのがより楽しくなってきました。
本当に合奏以外で集まってもみんな個性的で、本当に楽しい時間をもたらせてくれました。
人数少なかったのもあるかとは思いますが、今年のパートで唯一今までの各年代ギターパートに勝るとすれば、それは団結力だったんじゃないかと思っています。
本当にみんなが仲良くなってくれてよかった。
雰囲気も本当によくなりました。
本当にみんなにありがとうと言いたい。

そうして迎えた定期演奏会。
出来は弾いている側からは全然わからないけど、個人的には本当に良かったと思います。
弾いていて楽しかったです。

これで最後だったのかと思うと切ないですね。

1回生の時、「音を楽しむ」ために入ったサークルが、
いつしか「音で楽しませよう」と思い、
「楽しさを音にしよう」と思いました。
音楽について価値観が変わったのは、このサークルに入ってよかったなと思う点です。

これからもギターは細々と続けたいです。

そして来年からの下回生による定期演奏会!
本当に初の聞く側なので本当に楽しみにしています。


以上、忘備録を踏まえた日記でした。
乱文失礼しましたー。

試合終了。 

更新が滞りましたね。。
みなさんお久しぶりです、黒猫です。

やっと院試が終わりました。
人生最後の入学試験もこれで終わりですね。

ま、定員と志望者がぴったりなんでなかなか落ちないんですけどね! 笑゛

足切りにくらわなければ当選確実というわけです。
なんと緩い 笑゛

なので今回の試験勉強はそんなに力を入れずにやってました。
なので嫌にもならず、コツコツできて、かえってよかったのかなと思ったりしています。


昔から理科が大好きだったんですが、その名残なんですかね、やっぱり大学の勉強が楽しいです。

本当に大学に行って、薬学部に入ってよかったと最近とても思います。
高校時代に農学部とか工学部とか色々考え紆余曲折を経て、薬学部に落ち着いて良かったです。
はじめ親にはかなり反対されましたが 笑゛

このまま大学院に入れたら、今はそのまま博士進学しようと考えています。

今はとても突き詰める勉強、すなわち研究をしたいという気持ちがとても強いからです。

博士になるのは幼稚園くらいの時の夢だったのですが、
そこから紆余曲折を経て戻ってきてしまいましたね、今は研究者になりたいです 笑゛
宇宙飛行士、探検家、獣医、ドルフィントレーナー・・・色々な夢があったなぁ。
今でもドルフィントレーナーは少し憧れますが 笑゛

本当は大学に残って、果ては教授とかになってみたい気持ちもあるにはありますが、
今はまだ世界をちゃんと見れていないと思うので、そこは心の中でセーブしています。
博士課程に進学して、もう少しちゃんと見れてからでいいかなぁと。

なので今は漠然と研究者になりたいですね 笑゛


研究者になりたい理由は、実はもっと別にもあったりするのですが、
それ今は恥ずかしいので 笑゛
またいつか書きたいと思います。


ではでは長文失礼しましたー!

ミクログリアがニューロンを殺す。 

何のことかわかんないですよね。

ミクログリアって言うのは白血球みたいな感じでアメーバみたいに自在に形を変形させてモノを食べる細胞のことです。
ニューロンって言うのは神経のことです。もっと言えば脳のことです。

つまり、
「体の中の細胞が脳ミソを食べる」

ってことですね。


怖くないですか!?

そんなことをこの前論文読んでて思いました。
そういうことを最近発表した論文があるんです。
しかも結構実験結果がまともなんですね。


で、その内容について研究室の人の前で発表。
えぇそうですとも、この意味わからない論文を説明しないといけなかったんです。



a9d2b5616676672653c4b468756e3b23.jpg

「出資者は無理難題をおっしゃる」


まぁそんなこんなでなんとかやり過ごしました。
意味わかんなすぎて質問が緩かったのが幸いです 笑゛


いや~、こんな新しいことを言えるようになりたいなぁ。
そんなことを思った黒猫でした。



来週はデータ発表だー\(゜□゜)/

ではでは~!

東の地震 

こんばんは、黒猫です。
更新遅れまして申し訳ありませんでした。

実は3日前からサークルで白浜に旅行していて、
一昨日帰る予定だったのですが、
電車が止まり帰れなくなってしまったため一日延期して昨日帰ってまいりました。

電車がもう動かないとわかった後、電話をしてなんとか泊めていただいた旅館の方。
本当に親身になっていただいて、
駅までお迎え来ていただいただけではなく、
部屋代も負けてもらい、夜食のおにぎり、豪華な朝ごはんもいただき、
レンタカー屋さんまで送ってもらい、さらにはおにぎりまで付けていただきました。

本当にありがとうございました。
人のぬくもりを感じました。


地震の倒壊に加えて火災に津波に放射線。
一度に色々なことが起こってしまって、
情報も色々交錯して、
何が何だかわからない状況で、
特に現地の人はどう動いたらよいかわからない状況だと思います。

関西に居る身では何もできないので何も言えません。

ただただ現地の人には生きて欲しいです。
それだけは祈っています。

ネットとかでは
震災後の人による犯罪が一番恐ろしいとか書いてありますが、
そんなこと無いです。
がれきの下敷きになったり炎に包まれて亡くなる方のほうが多いです。
阪神淡路大震災はそれで本当に多くの方が亡くなりました。
言い方が悪いですが、盗みにあったりしても死にません。自分は身体的に傷つきません。
盗んだ人も生きたいからするんだと思います。

全員で生き抜いて欲しいです。助け合って欲しいです。
そして少しでも崩壊した街に取り残された人が助かって欲しいと思います。

テスト終わったー! 

tamiflu02.jpg  m_E383AAE383ACE383B3E382B6.jpg

こんにちは、黒猫です。
今日、やっとテスト終わりました!!
今日くらいはゆっくりしたいと思います~!

さてさて、最初の写真、わかり・・・ますね、写真に書いてありました 笑゛
タミフルとリレンザ、両方とも抗インフルエンザ薬ですね。

なんではじめにこんな写真を載せたのか。

実はテスト1週間前にインフルエンザにかかってしまいまして 笑゛
外出許可の日がちょうど試験日っていう大変な環境でした 笑゛

ホント高熱ってあんなにしんどいんですね、のど元過ぎれば熱さ忘れるじゃないですが・・・。
でも僕は高熱が出ても決して食欲が衰えない体質なので、寝てる間めっちゃお腹すいてました 笑゛

今回は初めてリレンザ使ってみました~。
何のことは無い、見た目がカッコ良いからです 笑゛
あのギミックホントカッコいいですね~。
グラクソスミスクライン、センスあると思いました 笑゛

写真貼り付けて思ったんですが、このタミフルの包装のされ方、ちょっと変わってません??
普通カプセルってまっすぐに入ってるのに、これは斜め向いてる・・・。
こんなの売ってるのかなぁ。。。
僕は初めて見ました。
ロシュもデザイン頑張ってるな 笑゛


それはそうと、タミフルはカプセルでリレンザは吸入。
なんで!?
って思いませんか??


思った方は追記へどうぞ。
思わなかった方は・・・また今度の記事でお会いしましょう!笑゛
-- 続きを読む --

超絶にどうでもいいことへの考察。 

某有名SNS M にある携帯アプリについて。

「30秒の告白」というものと「30秒の恋」というものがあるんです。

何が違うかというと、告白の方は相手が女の子、恋の方は相手が男の子で、
3人の中から1人を選んでゲームが始まります。
で、操作方法も違うんですが、圧倒的に「恋」の方が難しいんです。

「告白」の方は30秒間に画面で光る番号のボタンをタイミングに合わせて押すだけで、
どの相手でも成功するんですが、

「恋」の方は、まず「ステータス」という概念があって、
恋する相手によって求めるステータスが変わってくるんです。

で、画面で番号が光るのは一緒なんですが、
それぞれの番号には意味があって、ステータスに直結します。
例えば、“8(運動)”ならば、
身体能力のステータスは上がる代わりに教養のステータスは下がる、
みたいな感じです。

さらに光り方も3種類(赤・青・光らない)あって、
赤の時はステータスの伸びが良くなり、
逆に青い時は下がり方がすごくなります。
光ってない時は通常通りの変化をします。

つまり、
「あげたいステータスが上がる番号が赤の時は押し、
あげたいステータスが下がる番号が青の時は押さず、
光ってない時はひたすら頑張る」

という、めっちゃ考えてやらないといけないゲームなんです。
しかも30秒。超ハードです。


さて、どうしてここまで差があるのか。
黒猫さんはちょっと考えてみました 笑゛

仮説1:実は女の子の方が恋に落ちやすい。
実はそうなのかもしれません。
僕は男なんで全然比較できないですが・・・。

仮説2:女の子の方が色々準備する。
女子会など特有の情報共有の場を持つ女の子は、
実はかなり前から準備しているのかもしれません。
友達に“さぐり”を頼んだりする、とか耳にしたことがあったり無かったり。
情報戦になっては男に勝ち目はないでしょうね。。。

仮説3:恋か告白かの違い。
恋とは求め続け奪うもの(byさだまさし)ですが、告白とは1回きりのものです。
はっきり言って肝試し的な要素があるんじゃないかと思ったりします。
そこらへんの難易度の違いを表しているのかもしれません。

仮説4:女の子は何度もめげずに頑張る。
勝手な想像ですが、
女の子は一度決めた相手に対して男よりは頑張ってアタックする気がします。
たかがゲームとはいえ女の子の方が忍耐力があるため、
このような難易度設定なのかもしれません。

ていうか・・・。

仮説5:男は一度くじけたら立ち直れない。
ははは。。。まぁ僕は経験ないですが・・・。
でも好きな人に告白して「え、無理。」とか言われたら凹むだろーなーと思います。
1週間は大げさと思いますが、たぶん2・3日はブルーなんじゃないでしょうか?
そんな男はゲームでもやっぱりフラれたら傷つくんです。
だから易しい。

フられないから傷つかない・・・
・・・自信がつく・・・?
・・・・・・!?



仮説6:脱少子化政策
つまり「どーせ僕なんてフられるに決まってるさー。。」なんて言いながら
全く切り出せない草食系男子に対してこのゲームを通して自信を持たせることにより、
女の子に積極的になるようにする(草食系の発展的解消)。
そしてカップルが増え、結果的に夫婦も増える。
そうすると結果的に少子化が改善される。

そうか、ついにmi○iにも政府が介入してきたか。
最近の内閣改造はこの政策のためのものだったのか。
恐るべき、管総理。


・・・はい、妄想はここまで。
なんでこんなことを書いたかっていうと、
目の前に試験が迫っているからです 笑゛
まぁ嫌じゃないですけどめんどくさいですね。。。
まぁ明日から1週間前なんで頑張ろうかと思います。。

ではまたー!

21。 

2011年1月21日。

本日で21歳になりました。

ホント、あっというまでした。20歳は。
なんか去年の誕生日はアホみたいな文章しか書いてなかったんで 笑゛
今年はちょっとまじめに今思ってることを書いてみようと思います。


かたぐるしー&自己満足な文章なので、
読みたい方は追記へどうぞ。



-- 続きを読む --

新年ですねー。 

あけましておめでとうございます!


cCIMG1437_convert_20110102234327.jpg dCIMG1471_convert_20110102234612.jpg


1日2日とガンガン食べている黒猫です。
いやー太りますねー。
こたつの熱でお餅のように膨れ上がってしまいそうです 笑゛

aCIMG1441_convert_20110102233754.jpg


びよーん、ってこの2日は伸びてました 笑゛


そういえば1日、すっごい寒かったですね!
神戸でまさかの積雪でした。

bCIMG1449_convert_20110102234104.jpg


何年ぶりやろ・・・びっくり。
ホンマに寒かった。。。


さてさて今年は 2011年 うさぎ年
とりあえず4回生ということでサークルも学部生も最後。
というわけで今年の抱負は
『後悔しないように楽しむ!』

でいこうと思います。

もちろん、サークルやら勉強やらを真面目にするという意味ではありますが、
逆にどちらかを一生懸命にし過ぎてもう一方をおろそかにして後悔しないように、
という意味でもあります。
要するにバランス取れるようになる、ってことです。
両者ともに大切な一年なので。

本気でサークルに打ち込んでるみんなには本当に申し訳ないけど、
やっぱりサークルのために研究室生活を無駄にはしたくないですし。
サークルに行けないからという理由で、行きたい研究室に行かず忙しくない研究室に行く友達がホントすごいと思います。
そんな決断は絶対僕にはできない。。。
まぁ要するに僕が自己中なだけなんですけど 笑゛


さーて今年はどんな一年になるのやら。。。

皆さまにとってこの一年が善い年でありますように。

今年もどうぞよろしくお願いします!

年の瀬ですねー。 

こんばんは、黒猫です。
明日実家に帰ることになりました。

忘備録のために具体的なこと書いてたらめっちゃ長くなっちゃったんで、追記にしました。
具体的な黒猫の活動録見たい方はご覧ください 笑゛

総じて・・・
今年、忙しすぎやろ 笑゛
という感じでした。
良く言えばリア充です 笑゛

今年は内面的に変われたかといわれるとちょっとわかんないですが、
少なくとも今年は安定していた気がします。
別に去年が鬱だったとかではないですが 笑゛

なんだろ・・・大人になった?笑゛

そーいえば今年初めに立てた目標
「最大限のサボりで最大限の利益っ!w」
・・・まぁ成功したんじゃないでしょうか。
ていうか去年の自分、どんだけめんどくさがり屋なんだよ 笑゛


今年は一番リンク数も増え、定期的に見に来てくださる方も増えました。

皆さん本当にどうもありがとうございました!!
良いお年をお過ごしください!!

ではまた来年お会いしましょう!
-- 続きを読む --

NASAの発表。 

地球外生命体ッ!!

・・・って本気でETとかUTとかチーズ星人とかそういう感じのことを考えていたのに残念でした 笑゛
でもすごい発見でした!

リンの代わりにヒ素を使って生きていける。

それがどーした、って感じですが、
これがすごいんです!

何ていうか、例えるなら・・・
小麦の代わりに石を使っておいしいパンを作った
ってくらいにすごいことなんです。

ヒ素ってカレー事件とかもあったくらい、かなりの猛毒なんです。
それを使って生きていける。
すごい生物だな、って思います。


ではなぜこれが「地球外生命体」につながるのか。
それは、今までの常識を覆したからです。
今まで、この世の生物には「水素・炭素・窒素・酸素・硫黄・リン」の6つの物質が必ず含まれ、無いことはあり得ない、って信じられていました。
水素と炭素と窒素と酸素と硫黄はタンパク質に、リンはDNAに必ず含まれているからです。

なのにこの生物は、リンが無くても生きていける。

DNAをヒ素で作れるんです。

だから、今まで「リンの無い惑星には生命はいない」って言えていたのに、そんなことわかんなくなっちゃったわけです。だから「地球外生命体」につながるんですね。


なんかネットのニュースを見る感じ誤解しそうなんで一応補足しておくと、
今回見つかった微生物(GFAJ-1)は、リンがあったら生活できないか、と言われるとそうじゃないんです。

実はリンがあればヒ素がある時よりも元気に成長しますし、
実際NASAも
“However,GFAJ-1 is not an obligate arsenophile and it grew considerably better when provided with P.”
(しかし、GFAJ-1は絶対的にヒ素が生命維持に必要なわけではなく、実際リンを与えた時の方がかなり良く成長する)
(Sciencexpressより抜粋)
と公言しています。

もし100%ヒ素しかダメな生物が見つかったら・・・ホントすごい発見だなぁ、って思います。


何はともあれ・・・

地球ってすげー!!
earthSample02-306b8_convert_20101204001228.png


最後適当でごめんなさい 笑゛


ではではー!

Today is the first day of ...November!? 

ていうかもう11月ですよ!!
あと2ヵ月で今年も終わりですよ!!

年明けたらもう21歳やん!!
最近気付いてびっくりした黒猫です。こんばんは。

今日で先日言ってた放射線薬学の実習が終わりました。
総被ばく量1.07μシーベルト。
年間1500μシーベルトくらいは普通に生活してても被ばくしているらしいんで、これくらいだったら全然大丈夫です。
(ちなみにシーベルトっていうのは放射能の量です。シャワーで浴びたお湯の体積をリットルで表すような感じです)


それにしても楽しかったです~。

特に標的放射性医薬品を使っての薬物の体内行動追跡がホント見ていて感動しました。

簡単に言うと、放射線を感知するカメラがあって、
(温度を感知するサーモグラフィみたいな感じです)

そのカメラに麻酔を打ったネズミを映しておくんですね。

で、ネズミの太ももの静脈から標的放射性医薬品を注射する。
“標的”というからには、この薬には体の一部に集まりやすい仕組みがあるんです。
今回は腎臓でした。

すると、放射能がまず心臓に集まっていって、その後全身に広がるのがすごくよく見えるんです。

でもすぐに薬が集まってきて、腎臓だけが見えるようになる。

「そんなに集めてずっと腎臓に放射線を浴びせてたら、腎臓壊れるんじゃないか?」
そう思う方、いますよね?

でもちゃんと考えてあるんです。
この薬は時間がたてば腎臓から離れていきます。

実際しばらくすると、ちゃんと腎臓からおしっこになって、
ぼうこう に移動するまでちゃんと見ることができました。

こういう“視覚化”(ホントはイメージングって言います)は薬の開発にとっても重要なんです。
薬がどこにいるかを知ることによって、主作用や副作用がどうして起こるのかを知ることができますし、
また、それを改善することは薬をを改善することにつながるからです。


それにしてもホント感動しました。
注射の薬が、体の中をどう通って体の外に流れて出るか。
理論は知っていても本当に見るのは初めてで、
薬の力、またそれを運搬したり排除しようとする生命の力を感じざるを得ませんでした。
こういうのを見てると「生きているってすごいな~」って感じます。
なんでこうも複雑なのか。
“生命活動の異常=病気”ならば、生命活動に抵抗しているのが医療系学問だと思いますが、
どれだけ人間は無茶なことをやろうとしているんだ、って思わされる時があります。

でもまぁ無茶はしますけれど。
やっぱり人の命助けたいし。
そのために薬学部に来たんだし。
この気持ちは4回生になってもその先もし研究職につけても絶対に忘れないでおこうと思います。


・・・なんか難しくなっちゃいましたね(汗)
ここまで読んでくれた人はどうもありがとうございましたm(_ _)m

ではまた~!

時を刻む。 

こんばんは、黒猫です。

視交叉上核。

知っていますか、って言ってもあんまり有名じゃないので多分知らないですよね。
現在色々学んでるはずの僕でもあんまり知らなかったですし。

今日はこの視交叉上核なるものについて、学生実習がありました。

視交叉上核とは、言ってみれば脳の一部です。
目から脳へと続く2本の視神経が、ある程度脳の奥に行くと1つにまとまる(?)のですが、
そのまとまったところの上側にあります。

今日はこの視交叉上核をマウスの脳を使って見てきました。
ホント小さな、0.25mmしかない2つの点です。
普段は見えませんが、とある染色法を使うと見えるようになります。


では視交叉上核は何をしているか。
それは僕たちが24時間を感じれるように、体の中で時を刻んでくれているんです。
体内時計っていうやつです。

一応、体の中の細胞は皆、時を刻んでいます。
けれどコイツがいないとちゃんと皆で同じ時間を刻めないんです。
言ってみれば体の“指揮者”みたいなものです。

これをなくしてしまうと一日の長さが感じられなくなり、
もう普通に昼に活動したり、夜に寝たりできなくなります。
体のエネルギー消費を調節できなくなったり、色々おこるらしいです。


もちろん僕たち人間にもこの視交叉上核はあります。
けど、たったの0.5mmしかないそうです。米粒より小さいんです。
でもこの細胞が無ければヒトはまともに生活することができません。
それだけ、小さくても力は偉大なのです。

自然ってすごいな~と思いましたが、
それよりも、この機能をたった0.5mmの中に発見した人がすごいな~って思います。
一体どんなこと考えて見つけたのやら。。。

ホントすごいですね、その才能を分けて欲しいです 笑゛


ぼーっと。 

昨日は久しぶりに何もない日曜日でした。
なので ぼーっとしてました。

まぁレポートを嫌々書いてただけなんですが・・・。


でも、ホント何もない日は2カ月ぶりくらいで。

いや、たまにはこういう日もいいなと思いました。
心に余裕が生まれるというか・・・。

まぁレポートに余裕は無いんですけど・・・笑゛


一昨日はサークル内部の演奏会でして、その後打ち上げがありました。
で、2次会に、この前サークルをやめた友達と2人で呑みに行きました。

彼は教育学部で、認知学とか勉強しているらしいです。
昨日は「障害者教育」について酒を交えながら議論してました。

知的障害の軽い子供は、そのまま社会に出るわけだから、苦しくても一般の生徒と共に学ぶべきか。
それとも、子供の苦悩軽減のために障害者教育を受けさせるべきなのか。
一昨日は特にアスペルガー症候群の子供さんについて話していました。

僕が親だったらどうするだろう。。。

程度にもよるけど、やっぱり一般の生徒と一緒にさせるかなぁ。。。
かの天才アインシュタインとかもアスペルガーだったって聞くし。。。
もしかしたらものすごい発見をしてくれるかも???
みたいな親バカな期待を持ちそうな気がします 笑゛

皆さんだったらどうでしょうか??


・・・やはり何もしてないだけあって書くことが無いですねwww

今日は昼から8時間ブッ通しでバイトです。
というわけでそろそろ行って参ります。


ではではまた~!!

ラットは静岡県生まれ 

※血なまぐさい話が嫌いな人は読まない方が賢明かもしれません。


今週から学生実習が始まりました。

内容は薬理系、薬の体内吸収速度や排泄速度などを測定します。

生きたラットを使って。

つまりは、ラットに麻酔をかけて、
手足を縛り、
おなかを切り開き、
腸や ぼうこう に管を挿したりするわけです。

たまに手術中とか測定中に麻酔が切れてくるんですよね・・・。

医療系の人は大したこと無いと思いますけど、
たぶん文系の方とかはゾッとするんじゃないでしょうか?

でもこれが無いと現在の薬の発展は無いわけでして。
今売れてる薬の裏にはたぶん何千匹もの動物の死があるんだと思います。

ただ不謹慎な言い方になるんですが、結構この実習が楽しいんですよね。
今まで机上でしか習わなかった理論が、実際に体内で行われていることがわかる。
知的欲求(?)がかきたてられて、すごくおもしろく感じる。

でもこのままおもしろいと思ってるだけじゃいけない。
1匹1匹を大切に扱って、ちゃんと1匹の命を扱ってやらなくてはならない。
1匹1匹に感謝しながら。


・・・とか思いながら過ごした一週間でした。

ホントは
十二指腸探すのが大変とか、
ラットの盲腸って親指くらいもの大きさがあるんだよとか、
静脈注射は難しい看護師スゲーとか、

色々書きたいことがあったんですけど、何か書く雰囲気じゃなくなってしまったので(汗)、
ここら辺で終わりたいと思います。。


ではまたー!

I'll go to... 

img10063142023.jpeg

北海道!!

というわけで明日から行ってきます。
サークルの合宿なんです。
ついでに向こうで演奏会もあります。

でもねー。。。って心境です、今は。
まぁグチグチ言ってるので大丈夫な方はどーぞ ↓


-- 続きを読む --

電脳盗っ人 

    inception-cast-header.jpg


見てきました~!

もう・・・なんかすごいですね。。。
難しい難しい、と噂で聞きすぎていたのもあってか、そこまで難解なものとは思わなかったですが、
細部までこだわってるなぁ。。。と思いました。
最後まで全然気が抜けなかったです。

どーでも良いですが、上の写真の右から3人目の人、カッコ良くないですか!?
僕の中ではダントツ一番でしたww


こんな映画見ると、夢か現実かわかんなくなってきます。
ていうか夢を見たくなくなってきますww

でも夢って結構現実の生活に影響してるのかなぁ・・・とも考えさせられました。
なぜか最近よくデジャブを感じるので、余計にそう思います 笑゛
デジャブで人生豊かになればいいのに・・・とか思いますが残念ながらそんなこと無いですね・・・。
「あ、見たことある・・・。」
とか思っていたらもう夢で見た部分が終わっちゃってるというか・・・。
なんかうまくいかないようになってます 笑゛


今日は昼から9:30までバイト・・・。

頑張ってきます~~~

ちょっと振り返れ。 

若干、鬱日記です。

見たくない方はお開きになりませんよう。。。


-- 続きを読む --

ホムンクルス。 

homunculus
意味:ヨーロッパの錬金術師が作る人工生命体のこと。

この度、ヨーロッパじゃありませんが出来ちゃったんですね。
人工生命体が。

☆関連ニュース☆

朝日新聞 「人工生命、完成見えた 米研究所、ゲノム合成し人工細菌」
MailOnline "Artificial life created by Craig Venter - but could it wipe out humanity?"


どんな実験かというと、

1. 人工的にマイコプラズマのDNA断片を合成する。
2. それを酵母の中に入れて、断片をつなげて一つのゲノムにする。
3. できたDNAを取りだして、自然に存在するマイコプラズマへ挿入。
4. マイコプラズマが分裂して、
  もとから持ってるDNAを持つものと人工DNAを持つものに分かれる。
5. そこから人工DNAを持つものを選び出す。
 (抗原抗体反応で人工でないDNAを持ってるものを殺す)
6. 人工DNAを持つものを選び出すと自己増殖開始。で大成功。

って感じです。
ちょこちょこわずかな知識で補足すると、

・ DNAとゲノムの違いは、簡単に言うと、バーコードみたいな感じで、
  バーコードの黒い線1本がDNA、バーコード全体がゲノムです。
・ マイコプラズマっていうのは、今現在知られてる細菌の中で最も小さなものなんです。
  なのでその中に存在するゲノムも小さいから合成するのが簡単なんですね。
  それでもDNAが55~140万個もあるんですが。。。
・ 酵母はパンを作る時に使うイースト菌と同じです。
・ 抗原抗体反応っていうのは、いわゆる免疫反応のことです。
  変な細菌が身体の中に入ってきたら、
  免疫細胞(B細胞)が抗体っていうものを飛ばして細菌を殺します。
  抗体は細菌の表面にひっついているタンパク質を察知して攻撃します。
  タンパク質はDNAから作られる(セントラルドグマ)ので、
  たぶん今回の実験では、わざと一部のDNAを人工合成せずに組み込んで、
  その抜かしたDNAから作られるタンパク質を攻撃する抗体を使って選別したんだと思います。


で、この実験の何がすごいか。
それはゲノムを作ってしまえば細菌は活動するということを証明したことです。

つまり、「石油作れる細菌が欲しいな」とか「こんな薬を作ってくれる細菌が欲しいな」とか思った時に、自分でDNA断片を作って、ゲノムにして組み込んでしまえば思いのままの生物が出来上がってしまうんです。

でもまぁ、逆に言えば「こんな風に人を殺せる細菌が欲しいな」と考えても作れちゃうわけでして。難しい所ですね。
あと、人工で作ってしまったからには、自然界にもし逃がしてしまった場合、もとの生態系が壊れると言うことも否定はできません。どう暴れ回るかなんて誰にも分からないので。


今回の実験ではゲノムの合成に留まり、細菌本体の合成に成功したわけではありません。
今後の方針としては細菌本体の合成も行い、完全な人工生命体を作りたいそうです。



ここからは僕の意見ですが、

まず細胞体を作れるようになるのはかなり先だと思います。
ゲノムと違って色んなものが入ってるので作るのはかなり難しいでしょう。

あとこの技術のヒトへの転用ですが、
まだ細菌の話ですし、この技術を使ってヒトを操れるかというと多分かなり先の話になるでしょう。
ゲノムの作りも大きさも全く違いますし、それ以前にヒトは多細胞生物です。細胞間の伝達系も考えないといけません。
まぁiPS細胞の件があるので、後者はもしかしたらクリアされるかも知れませんが・・・。

でも細菌で成功したからには、かなり先とはいえ、おそらく成功すると思います。
そうした時にどうなるか。
遺伝子治療の名を称してのヒトの改造。

道行く人はまるでチーターのごとく俊敏に駆け回り、
遅刻しそうな高校生は鷹のごとくよく見える目で300m先からバス停の時刻表を見、
疑り深い妻は犬のようによく利く鼻で夫の浮気を察知する。


もう、人間って何だよ、って話になりそうで怖いです。。。

まぁもし人間に適用しないとして、細菌を有効活用することに成功したとしても、
なんか、、、違う気がします。。。
細菌に完全に頼るのが怖い、というのが本音です。

例えば、完全に安全と証されて「温室効果ガスを分解する菌」が市街地に振りまかれたとします。
しかも殺菌剤とかにやられてしまわないようにかなりの薬物耐性をつけていたとします。
で、その菌に遺伝子変異が起こって、ある日突然毒ガスをまき散らすようになったら・・・。

殺菌はできない、すべて捕まえることもできない、
まして菌が至る所に居すぎてヒトが逃げる所もない。。。

そんなことになったら怖いです。ホントに。

確かに生命を探る上でこういう実験が必要なのは分かりますが、
ちょっと、、、最近行きすぎてる気がしてならないです。。。


また未来に影ができた、そんな気がする黒猫でした~。


冬の次は 

夏っ!


今日は昨日よりましでしたが夏日でしたね~

衣替えまだ完了してないのに・・・ホント熱いです。


熱い時に冷たいものが食べたくなるのは世の常。

逆に、辛いもの食べて汗かきたくなることもありますよね。


食べモノはこんな感じ。

では音楽はどうでしょうか??

みなさん暑い時はどんな音楽聴きたいですか??


僕は



みたいな明るめの曲(?)が好きです。
個人的にアンジェラアキが好きってのもあるでしょうけどwww




結論。




夏でもやっぱりお気に入りのアーティストが良い。




僕は夏だからサザン、冬だから山下達郎とはなりませんでしたw
二人ともイイ曲と思いますが・・・。


・・・だめだ、書くことなかったらシマりませんねw


でも今日はこんな感じです。


今日は休み明けにもかかわらずちゃんと学校で授業を聞けて嬉しかった黒猫でしたw
ではまた~~~

祝! 

100記事目!!

ごめんなさい、皆さんにとってはどうでもいい話ですねww
でもここまで続けられたのは皆さんのおかげです。

ありがとうございますm(_ _)m


今あるカテゴリは

・生活
・徒然思ったこと
・料理
・music
・flower
・夢
・バトンetc...

始めた当初、まさか料理なんてカテゴリ作るとは思っても無かったですww
でも今2番目に繁盛してるっていう・・・。
人生どう転がるかわからないものですねw

あとflowerw
そんなに寂しいのかよ自分ww


なにはともあれ、とりあえず100は進んだ「名もなき黒猫の散歩道」。
この先どんなところを通るんでしょうね~。
これからもふらふらしたいと思ってますww


最後に一曲貼って締めたいと思います。



ではみなさん、

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

SAKURA 

昨日の記事でのコメントでこんなのがありました。

桜はいいですよね…北海道は4月の中旬くらいですかねw

と、いうことは。
始業式=桜のシーズンじゃないってことですよね??
やっぱりこのイメージは東京基準なのかなぁ・・・。

みなさんの地域ではどうですか??

ちなみに僕の出身地 神戸 ではだいたい 3月下旬 ~ 4月頭で、
始業式周辺では残念ながら散りかけてます。。

コメント、お待ちしています~!


桜といえば、ソメイヨシノ。
ソメイヨシノはさし木で殖やすのは有名な話ですね。

全国のソメイヨシノが遺伝的に全く同じ・・・。

なんか神秘的な気がするのは僕だけでしょうかww

でも遺伝的に同じだからこそ、桜の開花って一斉に同時なんじゃないのかな~って思ったりします。。


今年は満開、いつなんだろうか。。。
京都の本気を見てみたいですw


また見に行ったら写真とかアップしますね~!

アール・ヌーヴォー 

新しい芸術、って意味です。

ボジョレー・ヌーヴォーとかのヌーヴォーと同じ意味ですねw


今日、バイトに行く前に京都駅でやってる美術展を見てきました~。

「アール・ヌーヴォーのポスター芸術展」っていう奴です。


アール・ヌーヴォーは産業革命の頃に出てきた革新的は動きの一つで、
今までの様式に捕らわれない、自由な表現を求めたものです。

その動きのなかでできたポスターは、当時の華やいだ民衆に見合って大胆な構図、華やかな装飾が目立ちます。
レタリング(文字のフォント)に凝りだしたのもこの時期だそうです。
また、コピー用紙などのような長方形の形のポスターだけでなく、縦にものすごく長いポスターが数多くありました。

ポスターというものは質はともかく、いわゆる芸術的な絵画とは異なるので、
一般大衆にとっては手のつけやすいものであり、ポスターをちょうど絵画と同じように室内に飾る人もたくさんいました。
実際、何かの宣伝のためではなく、室内装飾用に作られたものもあります。

日本でも似たようなことがありましたよね?
そう、浮世絵です。
浮世絵は当時の歌舞伎の宣伝をするためのものとか、富嶽三十六景みたいに装飾用のものとかありますが、
まさにこれの海外バージョンです。

で、日本(世界)でも浮世絵が評価されているように、これらのポスターも芸術作品として評価されているというわけです。


ホント昔のポスターってよく手が込んでます。
印刷技術もそれほど良くなかったはずなのに、このクオリティを出せるのか・・・。
すごい、の一言でした。

こういうポスターを見てると、当時の一般大衆の活気とか嗜好がすごく伝わってきます。
今とは分化が違うけど、昔の人はこんなものを娯楽として楽しんでたんだなぁ、って伝わってきました。

今のポスターも、200~300年くらい経ったらこんな風に見られるのかなぁ、と ちょっと不思議な感じにもなりました。



・・・ふぅ、今日は真面目に書いてやったぜww

あ、昨日のパウンドケーキ、追記を書きました!
良かったら見てやってください~!

悪性新生物 

悪性新生物。別名、がん。

がんとは、今まで普通の細胞だったものが、ある日突然豹変して異常増殖するようになり、そして膨れ上がって他の組織に浸潤・転移していきます。

異常増殖するがん細胞ですが、すべての細胞が2つに分裂して生き残るわけではありません。
実は、5つの細胞が分裂しても6つにしかならないのです。
それだけ、がん細胞は死にやすいと言えます。

しかしならば、どうして増えるのか。
それは、すべての細胞が分裂する力を持ってるからです。

普通の細胞はある程度分裂したら、それ以上分裂しなくなります(テロメアとかの関係です)。
または分化といって分裂する代わりに新しい役割を持つこともあります。

手の爪なんかがそうです。
爪は付け根から生えてくるもので、先端が伸びるわけじゃないですよね?
それは爪の先端の細胞が分裂能をなくし、かわりに爪として丈夫であるように分化したからです。

なのにがん細胞にはそれが無い。
分化してゆくのに、そいつらも分裂してゆくんです。
(正確には低分化って言って退化していきます)

そうして異常増殖したがんは、他の組織を破壊したりして、最終的にその人を殺します。


抗がん剤も使われますが、薬に対する耐性をもちやすいこともあり、今は手術技術や内視鏡技術の発達により、手術による切除が治療の60%を占めます。



・・・・



・・・あれ、薬効かないの??




じゃあなんで薬学部で外科手術しない人が
こんなに詳しく学ばなあかんねーん
\( `□´)/




さーて、つべこべ言わずに勉強しよっと。。。

テストまであと一週間!! 

さーて今から張り切るとして、、、



唐突ですがみなさん、友達と恋人(または浮気相手)との境目、ってどこだと思いますか??


先日mから始まるSNSで話題になりまして・・・

僕なりには


例えばA君と何か盛り上がることを喋ったとして・・・
その会話内容だけを後で思い出して笑うのなら友達、
その時A君といたことが楽しかったと思って後で笑うのならそれは

アウトーwww



と考えたんですが・・・


みなさんの境目ってどこですか??



コメントお待ちしています♪

もんすたー 

はんたー。

・・・を買ったわけではないんですがw

ていうか持ってないしww

なんとなくこの言葉をつぶやきたかっただけですwww


なんか最近一人でいると、色々よくわからない言葉が飛び出している気がします。。。



さふらんらいすー
まつおばしょー
たかのつめー
こしいたいー
さんとぴえとろー



最近自分でも苦笑した言葉たち。
一部本音も含まれてますがw


別に口に出すわけじゃなくて、ふと頭に思い浮かぶんですよね。。。


何でなんだろ。


ま、まさか若年性の痴呆だろうか・・・Σ(゜Д゜;)



嫌だよーまだボケたくないよー



でも最近全然勉強内容が覚えられないんですよね。。。


ま、末期なのか・・・Σ(゜Д゜;)



あー、勉強したくなくなってきた。。。





・・・って結局そこに落ち着いちゃうんですよねw

さーて、ちょっとだけ頑張ろっと!
thread: ひとりごと | janre: 日記 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。