名もなき黒猫の散歩道

MENU

LGBT

こんにちは、黒猫です。今日は市内でお祭りがあったので少し見てきました。その名も「ゲイパレード」です。こんな感じで、(おそらく個人所有の)バイクのパレードから始まり(クラクションがすごかった)、続く写真のように、色々な格好をした方が歩いて通りを盛り上がらせていました。始まって2時間くらいで私は帰ってしまったのですが、まだまだ終わる気配が無いくらいに活気だった、大きなパレードです。


IMG_5966.jpg

IMG_6006.jpg 
写真を見てお気づきの方もいるかと思いますが、虹色をモチーフにした衣装や旗が散見されると思います。虹色は、「LGBT」、いわゆるセクシャルマイノリティが社会的に認められるための活動を象徴する色として使われています。

どうしてサンフランシスコでこんなパレードが行われているのかというと、サンフランシスコは、歴史的にLGBTの方の権利を解放するための活動が盛んに行われてきた街だからです。実際現在でも、街を歩いていてよくLGBTの方を見かけます。そんな政治的な側面もあるので、次の写真のようにプラカードを持って政治批判をしながら歩いている人も数多く見かけられました(もしかしたら写真のプラカードは政治批判じゃないかもしれませんが、実際にトランプ政権に対する批判なども行われていました)。

IMG_5969.jpg 
サンフランシスコはアメリカの中でもかなり自由主義な街なので、こういうことが出来るのではないかと思います。正直、このパレードに行く前は、少しLGBTについて近寄りがたい印象がありましたし、自分がLGBTであることをさらけ出して恥ずかしくないのかなと思ってしまったこともありましたが、こうやって自由に権利を主張しているのを見たりすると、そういう自分の保守的な側面をむしろ恥じるべきなんだなぁと感じました。彼らは自分をさらけ出すことによって、自分をさらけ出せない他のLGBTの方に勇気を与えているのかも知れません。そういう行動をできる彼らは、本当に輝いて見えました。

日本は、日本から出る前は、わりと自由な国だと思っていました。しかし、こういうパレードを見ると、日本ってものすごく保守的な国なんだなぁと再認識させられました。公式パレードでの権利主張や政治批判なんて、ほぼあり得ないですもんね。LGBTに対する日本での理解も、最近はマシになってきているとは思いますが、どちらかというと日本ではまだ「近寄りがたい(ひどい言い方を使えば、近寄ってはいけない)」という印象が根強いのではないかと思います。LGBTやそれ以外でも社会的にマイノリティな人の権利を主張する環境や、それを受け入れる環境を、日本ではもう少し構築していく必要があるのかもしれません。

そんな感じで、今日は少し考えさせられる一日でした。
それでは、最後までおつきあい下さり、ありがとうございました!

スポンサーサイト

ちょっとした疑問

こんにちは、黒猫です。今日は大学にてBBQがあり、参加してきました。アメリカでのBBQはもちろん初めてだったのですが、やたら大きくておいしいマッシュルームに対する感動と、あと案外ソーセージしか焼かないんだな(1枚だけ違う肉を焼いていたようですが)という驚きの混じった感想を得ました。ソーセージ安いのかな?まだ買ったことないのでわからないです。

そんなわけで、今日はいろんな人と話したわけですが、日本の大学に関するシステムについて疑問を持ったところが2つありました。

1つ目は、「大学院生(博士)に対する奨学金が非常に少ない」ということ。アメリカの大学院(博士)を卒業した人の話では、彼の知り合いの大学院生のうち、奨学金をもらっていなかった人は、たった1人だけだった、といいます。日本の大学院生の現状を正確には把握はしていませんが、さすがに周り全員がなにかしらの奨学金をもらっていたとは到底思えません。アメリカの奨学金が国から来るのか、民間団体から来るのか、詳しいことは聞きませんでしたが、少なくとも、日本の奨学金の数はとても少ないのだな、と感じました。

2つ目は、まぁこれは仕方が無いのですが「日本語で専門科目を教える意味」についてです。私は薬学部出身ですので、その点から述べると、例えばすべての根幹となるような生物の授業や化学の授業のうち、名詞(細胞質、とか、酢酸、とか)はすべて英語で授業してもいいんじゃないか、と少し感じました。というのも、今日とある日本へ留学したことのある留学生と話していて、「日本人学生は英語論文を読む時、全てを和訳してから読むことが多くて、大変そうだ」という意見を聞いたためです。私たちは授業では日本語で全て学ぶのに、いざ論文を読む時には全て英語になります。つまり授業で習った単語がそのまま出てくるわけではないのです(もちろん似通っているものもたくさんあるのですが)。確かに、すべてを英語で授業してしまっても、問題があるでしょう(例えば薬学部の観点でいえば、薬剤師国家試験やその後の臨床現場では日本語を使うので)。しかし、根幹になるような科目の、名詞だけでも、英語を併記して教えるとか、そういうことをした方が、今後の学生のためになるのではないか、と感じました。これに関しては、そういう点を配慮している先生も世の中にいるのかも知れませんが。私は少なくともそういった先生に出会ったことがありませんでした。

日本は最近、研究の勢力が落ちぶれていますし(世界3位くらいから10位まで転落したんでしたっけ?)、大学教育も侮れないな、と思いました。もちろんその先にある大学研究も非常に大事なのですが。難しい話です。

そんな感じで、少し日本の将来が心配だなと思った黒猫でした。というわけで、今日はこのあたりで。読んで下さった方、ありがとうございました。


生まれてからxx日目はいつでしょう?

こんにちは、黒猫です。昨日ははじめてこちらで雨に降られました。

小粒の細かい雨で、日本はそろそろ梅雨で豪雨かと思うと、良い環境だなぁと思います。雨期にはまだ遭遇したことがありませんので、もしかするとすごいのかも知れませんが。

先日、プログラミングを始めたと書きました。で、今回は勉強のためにとあるプログラムを書きました。その名も「生まれてから○○日目は□□年××月△△日だと教えてあげちゃう君」です!
(ネーミングセンス・・・)

で、早速試してみたのですが。案外、生まれてからかなりの日が過ぎているものだなぁと感じました。5000日目とか、そんなに前に通過していたの!?という印象です。
(ちなみに生まれてから5000日目は、中学2年生の秋くらいでした)
これまでにそれだけ寝て起きてきたのかと思うと。。感慨深いというか、なんか無駄に過ごした日も多いなと思ったり。。
逆に30000日目(だいたい82歳)とか、そんな年月なのかと感じてみたり。日本とか世界がどうなっているのか、全然想像できない。。

と、どうでも良い感想を得たのでブログを書きました 笑
こういうプログラムをこういうブログ上で走らせるにはどうしたら良いんだろうか。。
(そもそもPythonでは厳しいのかな?Javaは有名な気がするけども。。)
まだまだ学ばなければならないことが多そうです!
そんな感じで!読んで下さってありがとうございました!

アメリカのマイナンバー

黒猫です。

先日、Social Security Number(SSN)というものをゲットしました。
これは、18歳以上(?)で収入のあるアメリカ在住の人がひとりひとり所有する番号で、
これによって個人の収入や納税額などを管理する仕組みになっています。
日本でいうと最近始まったマイナンバー制度と一緒のようなものです。
今日はそのSSNの取得方法について書こうかと思います。
(やっと役に立ちそうな記事になりそう 笑)

SSNの申請は、基本的に各都市にあるUS social security administrationという役所に行って行います。必要な書類はおそらく所属団体によるのだと思いますが、私はアメリカにJ1と呼ばれるビザで来ましたので、

  1. パスポート
  2. DS-2019(ビザの詳細が書いてある書類)
  3. I-94(アメリカ出入国を管理している書類、https://i94.cbp.dhs.gov/I94/#/homeで手に入る)
  4. Offer letter(採用された証明)

の4点が必要になりました。またこの申請は、実際に採用された団体に所属し始める日付から10日以上経過してからでないと行うことが出来ません(入国した情報などが役所の情報として反映されるまでに時間がかかるらしい)。

私が行ったのはサンフランシスコ市内の役所でした。平日午前中でしたが、そこそこ混雑しており、結局全部終わるまでに2時間くらいかかったのかな?と思います。
役所に入る時には荷物検査があって(持って行ってはいけないものがあるわけではなさそうだが)、その後整理券を発行して、番号が呼ばれるまで待って、あとは呼ばれたらそこに行って窓口で上記の書類を提示するだけです。私の対応をしてくれた方は、日本語は話しませんでしたが、なんと大分に住んでいたことがあるという方で、

「大阪はいいね!あんな街こっちには全然無いよ!」
「サンフランシスコのJapan town(中華街の日本版)は全然ダメだね!どこが日本なんだろうね!」

みたいなことを話していました。こっちの役所の方はよく喋るようで、去り際に「日本ではこんなに雑談することないだろうけど、こっちではこれが普通なんだよ、びっくりさせてごめんね」と言われました。こんなところでも文化が違うんだな、と感心しました。それにしてもいい方に出会って良かったです。

で、申請して僕の場合は1週間と少しで手元にSSNのカードが届きました。SSNのカードは携帯することが厳禁で、部屋のどこかにしまうように指示されています。たしかにSSNが他人にバレると色々と個人情報が漏洩するので、SSNカードを常に携帯していると危険なわけです。そのあたり、携帯することを推奨していそうな日本のマイナンバーカードはセキュリティが甘いなと感じました。日本の治安の良さならではなのでしょうけれども。

そんな感じで、ソーシャルセキュリティナンバーの紹介でした。誰かのお役に立てられれば幸いです。
それでは失礼致します、読んで下さってありがとうございました!

洗礼

黒猫です。5月も半ばなのに長袖を2枚は着ないと寒い毎日です(特に夜)。

最近、こちらで使うPCとしてWindows PCを購入しました。それが本当に大変で。
AmazonでWindows 10インストール済みのものを購入したのですが、いざ起動させるとプロダクトキーが認証されていないという事態。。
で、Amazonに文句をメールして新しいPCに交換してもらいました。そしていざ、もう一度起動させたものの、またもやプロダクトキーの認証エラー。
で、今度はパソコンのメーカーにチャットでエラー報告。そうするとWindowsに問い合わせろと言われ、Windowsに電話。
そんなこんなで、先程やっとのことでWindows 10を認証することが出来ました。

日本でこんなことあるのか?という感じでしたが、まぁアメリカだし(?)仕方ないな、と諦めることにしました。よい英語の勉強にはなりましたが。笑
そんな感じで。読んで下さりありがとうございました。

鼻唄を歌う鳥

黒猫です。こっちに来て、ある鳥を見ました。

ハチドリ 
ど真ん中にいる鳥、分かりますでしょうか?
くわしい種類は分かりませんが、これはハチドリです。
英語でhummingbird(ハミングバード)、鼻唄を歌う鳥です。ただ、この鳥が鼻唄を歌いながら飛ぶわけではありません。この鳥は、まるでハチのように羽を激しく羽ばたかせて飛びます。そのため、羽音がハチのように「ブーン」と鳴ります。それが鼻唄のように聞こえるので、英語ではハミングバードというわけです。
大きさは10 cmもないくらい(スズメと同じかそれ以下)本当に小さくて、でも本当にかわいらしい姿をしています。日本には生息していない種類なので、サンフランシスコという都会の中で出会えたことには本当にびっくりしました。

他にも、トンビの代わりにかっこいいアカオノスリが飛んでいたり、たくさんの種類の小鳥がいたり、そのわりにはカラスがいなかったり、けっこう鳥の環境が日本と違うなと感じました。もう少し森のあるところにいって鳥観察も楽しそうです。双眼鏡とか一眼レフが欲しくなりますが。。

ビザのことなど書くといいながら、どうでもいいアメリカの状況を書きました 笑
それではこのあたりで。
読んでいただきありがとうございました!

1週間。

こっちに来て1週間が経ちました。どうも黒猫です。
明日から、こちらでポスドクとして採用されて働くことになります。
なんか、昔の記事を読み返すと、どこにいるのかバレてそうなので書きます。UCSFです。
この1週間は宙ぶらりんだったので、やっとその日か、という感じです。

アメリカに来てから、まぁ英語は得意ではないので苦労していると言えば苦労しているのですが、
(特に携帯電話の契約が一番苦労した、向こうも研修中だったので)
案外、何とかなるものだなと思いました。
アメリカの食事は、今まで2回アメリカに来ていてあまり良い思い出がなかったのですが、
探せばよいものもあるものだ、という印象です。高いけどね。

アメリカと日本で一番違うのは、やはり浮浪者の数でしょう。
サンフランシスコはそこまで治安が悪い方では無いと思うのですが、
(橋渡った先のオークランドは西海岸の中でもかなりやばいらしいですが)
それでも、スーパーまで行く道にずらりと、テントの列(浮浪者の住居)が並びます。
絡まれることはないとは思うのですが、日本の治安の良さは本当に素晴らしいと思いました。
アメリカにコンビニがないのが不便だとは思いましたが、
おそらくコンビニを作ると大変なことになるんじゃないかと思います。

というわけで、早寝早起きせねばですね。。
明日から頑張ります。明日はまだ申請で精一杯だと思いますが。。
またビザの話とか、ブログに書ける時間があれば書きたいと思います。

それでは、最後までありがとうございました。
黒猫でした!

Next stage

昔、そんな名前の英語の参考書を使っていたな、と、ふと思い出しました。
どうもお久しぶりです。黒猫です。

久しぶりすぎて、どうやって書き始めていたのかすっかり忘れてしまいました 笑
そういえば、高校生の頃は文末に付ける「笑」という文字に、
わざわざ「゛」をつけて「笑゛」として、
少し 笑 という漢字が笑って動いているように表現していました。
些細なことだけれども、昔の自分は細かい芸が好きだったんだなぁと思いました。
懐かしい限りです。

そんなことを書きたいのではなくて。
私、いろいろとあって今年に大学を卒業することになりました。
事情が複雑で、昨年は就職活動を全くすることが出来なかったこともあり、
今年は大学等の研究機関で研究員として勤めることになりました。いわゆるポスドクです。

と、いうわけで、アメリカへ行ってきます。

久しぶりに例のリスさん達に出会えることが、とっても楽しみです 笑
アメリカの研究はもちろん、文化や思想を、楽しんできたいと思います。
このブログは生存確認のために、また時間があれば適宜更新したいと思っています。
私と面識がある方もそうではない方も、これからもどうぞよろしくお願いします。

それでは。


10年ほど前の自分のアナログへ

お久しぶりです、黒猫です。なんとなく書こうと思ったので。

私は今大学院生をしているのですが、実は先月まで3回、「先生」として高校生に授業を行いに行ってきておりました。相手は高校1,2年生です。
私の研究している内容が辛さのセンサーについてでして、それについて50-60分間お話しする、といった内容です。

普段は学会とか何とかで、発表では相手にもある程度の知識がある場合を想定することが多いのですが、
今回は全くの逆で、むしろ相手は基本的と思われるようなことさえ知らない、という状況でした。
しかも相手は高校1年生が多かったので、とにかく飽きないように、飽きないように、笑いを混ぜながら今回は授業をしました。
結果として、話を盛り込みすぎたので「話が早かった」という意見は多かったものの、皆さん満足してくれたようで、本当によかったです。
ちなみにこの辛さのセンサーは1997年に見つかったのですが、なんと教えた高校生は1998年とか1999年生まれで、まだセンサー発見時は生まれていなかった、ということに私は一番驚かされました 笑
年の差どんだけあるんだ。。。

今回の発表で目標にしたことがあります。
それは、「高校生に夢を見させる」ということです。
私の近くに高校生の知り合いがいないので分かりませんが、今の子供は「さとり世代」と呼ばれて、あまり無謀な挑戦はせず、良い言い方をすれば「大人になった」、というような感じであることを
耳にします。
しかし、私個人的な意見として、子供は大人になってはいけない、と思うのです。
子供だからこそ、子供の時しか、できないこととか、見れない夢があるように思います。
そういうところも、大切にして欲しい、と思って発表しました。

ただ、そんなことばかり言うと道徳の授業になってしまいますので、笑
与えられた話題である「私の研究」の最前線をできるかぎり魅せながら見せることで、
そういうメッセージを伝えたつもりです。
授業後アンケートの中には、「○○についてもっと知りたい」とか「大学に行きたい」というような言葉が見れたことは、もしかしたらお世辞だったかもしれませんが、私にはとても嬉しく感じました。

もう高校生に授業することなんて無いとは考えていますが、今回の貴重な経験をこれからも活かしていきたいと思っています。
授業受けてくれた皆さんが、良いように成長してくれることを願っています。

なんだか締まりが悪いですが、笑
今日はこのあたりで。
ありがとうございました!

ちょっくらそこまで

お久しぶりです、黒猫です。
実は最近、ちょっくらそこまで、そう、アメリカまで行ってきました!笑
行ったのは、UCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)というところです。
IMG_4960 のコピー
実際、大学自体はそこまで大きくはなくて、建物も5,6個?しかありません。
しかし、中には世界でトップを走っている研究者がゾロゾロとそろっています。
ほんの少ししかお邪魔していませんが、本当に良い雰囲気だな、と思いました。
単純な感想ですが。。

で、ついでにもちろん観光もしてきました!笑
サンフランシスコから電車で1時間行けば、スタンフォード大学という有名大学に行くことができるので、ちょっこらお邪魔しました!
IMG_4908 のコピー
スタンフォード大学って、すごい現代的な建物でできていると思っていたのですが、
ものすごく古風で、スペインの宮殿のような雰囲気の漂う建物でした。
確かにかなり歴史のある大学なので、その名残が今でもあるのかもしれません。
IMG_4910 のコピー
ちなみにスタンフォード大学にもリスちゃんがいました。
ちょっとUCバークレーのリスよりは細くて、人に慣れていない印象でした。
こちらのリスはエサとかもらっていないのかな?そう考えると見た目の違いは、バークレーのリスがただ単にデブなだけなのかな?もしかすると種類も違うのかもしれませんね。
ちなみにUCSFにはリスはいません。街の真ん中なので仕方ないですね。。

その他、前回アメリカに来た時には経験しなかったカリフォルニアロールに挑戦し、
(実はカリフォルニアロールは一番上の6つで、他は鮭フライの巻き寿司と天ぷらです)
IMG_4944 のコピー

海辺を楽しみ、
IMG_4956 のコピー

偶然鉢合わせた戦闘機のショーを見たりしました。
IMG_4889.jpg

サンフランシスコは2回目だったので、正直あまり観光すべき場所も残っていないと思っていたのですが、実際に訪れると思っているよりも色々とあって、面白いものです。街を歩くだけで楽しい。良いところだと本当に思いました。何よりも冬が暖かく夏が涼しい!そして雨が降らない!本当に素晴らしいところです。物価はちょっと高いんですけどね。

そんな感じで!久しぶりに写真多めの更新でした!
それでは!